otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ボテジョンをしてアルコール中毒で昏睡状態だった12歳少女が死亡

|


Fotonoticia 20161103155139 640


スペイン通信社エウロパプレスによると、ボテジョン(路上でアルコール飲料を持ち合って飲酒する行為 : スペイン語で瓶の意味)を行い急性アルコール中毒で昏睡状態となっていた12歳少女がマドリード市のサン・マルティン・デ・ラ・ベガ病院で死亡したことが分かった。


警察の発表によると、少女は11月28日マドリード市内で友人たちとハロウィーンを祝うため、路上でボテジョンを行っている途中昏睡状態で倒れたとのこと。 23時15分頃ドセ・デ・オクツーブレ病院(Hospital 12 de Octubre de Madird)に搬送されたものの、急性アルコール中毒のため、11月1日息を引き取った。


地方裁判所は現在事件の概要を調査中。


スペインではボテジョンのほか、公共の場での飲酒を禁止している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。