otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 10月失業者数1.2%増加の3,764,982人(失業保険申請ベース)

|


Paro 7 2


雇用・社会保障省は3日日、スペインの10月の失業者数速報値を発表。 9月から44,685人増加し、合計で3,764,982人となったことが分かった。


下のグラフからも分かる通り、スペインでは8月の観光シーズンが終わり9月と10月は失業者数が増える傾向にある。 また、失業者数は増加したものの、昨年同月比で9.85%の減少を記録しており、年々失業者数は減っている。 また、クリスマス商戦及び新年のバーゲンに向け短期契約が増えていくとみられる。



男女別の失業者数は以下のグラフの通りで、女性の方が多い。



産業別にみた失業者数では、農業とサービスで多くの失業者数を出したものの、建設セクターは失業者数が減少した。




自治州別に見た失業者数は以下の通りで、依然としてアンダルシア州が高い水準。 9月に比べて失業者が減少した州は、バレンシア州、ムルシア州、ナバラ州、バスク州、セウタ自治都市、メリリャ自治都市。 また、失業者増加率では、バレアレス諸島が18.10%増加(8,737人)した。



依然として”契約期限ありの契約”が大部分を占めているものの、徐々に正規契約が増え始めている。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。