otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

与党国民党元マドリード州首相のエスペランサ・アギーレ報道官 「国民党と市民党は合併すべき」

|

Fotonoticia 20161102165041 640


与党国民党元マドリード州首相のエスペランサ・アギーレ報道官は11月2日、自身の著書”Yo no me callo”(私は黙らない Espasa出版)のプロモーションのためバルセロナを訪れ、会見で「国民党と市民党の合併という希望を持っている。」と語ったことが分かった。


アギーレ報道官によると、国民党と市民党の起源は同じであり、政治的な根幹の部分は共有しているとのこと。 両政党は政治的思想が類似しており、市民党とのコミュニケーションの重大な問題を取り除くことによって統合合併ができると語った。


またアギーレ報道官は多くのスペイン国民はリベラル派とコンサバ派であると考えている。


更に、カタルーニャ州の起業家を中央政府に取り入れることを提案「恐らく大臣等は無理だろうが、スペイン政府幹事もしくは大使等で、政治に参加する事が出来るだろう。」などと語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。