otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

大気汚染のためマドリード市内で70キロメートル毎時以下に速度制限

|


Fotonoticia 20161030103217 640


マドリード市によると30日、市内環状線M-30及び市内にアクセスする幹線道路で大気中の汚染物質二酸化窒素が基準値を超えたため最高時速を70キロメートル毎時以下に制限したことが分かった。


マドリード市が発表したところによると、市内に設置してある複数の観測機で、二酸化窒素が2時間以上にわたって180マイクログラム/立法メートルを超えたため、今回の措置を講じたとのこと。


マドリードでは昨年11月にも、市内を走行できる車両をナンバープレートの末尾の数字が奇数か偶数かで強制的に制限する措置をとる寸前まで大気汚染が深刻化していた。

スペイン マドリード 大気汚染物質濃度上昇、「ステージⅡ」発令 ソナ・アスールへの駐車が全面的に禁止に
スペイン マドリード 大気汚染プロトコルで最高速度超過、罰金課さず。
スペイン マドリード 大気汚染対策プロトコルとは?

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。