otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSOE危機 PSOE本部の決定を無視して首相信任投票で「反対票」を入れたPSOE下院議員は15人

|


10月29日下院議会で行われているマリアノ・ラホイ暫定首相の首相信任投票で、15人のスペイン社会労働党(PSOE)議員が信任投票で「反対票」を投じたことが分かった。


反対票を投じたのは

カタルーニャ社会党(PSC)メリチェル・バテット、マヌエル・クルス、メルセ・ペレア、ホセ・サラゴサ、リディア・ギナルト、マルク・ラムア、ホアン・ルイス。

バレアレス諸島社会党(PSIB)ペレ・ホアン・ポンス、ソフィア・エルナンス。

他にも地方支部のマルガリータ・ロブレス、サイダ・カンテラ、スサナ・スメルソ、オドン・エロルサ、ロシオ・デ・フルートス、マリ・ルス・マリティネス・セイホ


PSOEは再々総選挙を回避するために首相信任投票で「棄権票」を投じるよう決定していた。 これに対し、PSCを中心に「反対票」を投じると表明していた。


本部と地方支部の票が分かれたのはこれで4回目。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。