otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マリアノ・ラホイ暫定首相再選反対運動に警官隊1,000人が出動

|


Rodea congreso 1


10月29日に下院議会で行われているマリアノ・ラホイ暫定首相が再選する公算が高い首相信任投票で、再選に反対するデモ行進が国内各地で行われた。


マドリードの国会前やプエルタ・デ・ソル広場などでは多くの市民による集会が行われており、1万人以上が参加するとみられている。


これを受け、スペイン内務省では20グループに分かれた警官隊約1,000人が警備にあたった。


Ante el Golpe de la Mafia, Democraciaのスローガンで行われたデモ行進は、17時30分からネプトゥノ広場から始まり、国会前に集まった。



スペインでは、市民保護法(レイ・モルダサ)が発効中であり、通達のない集会やデモ行進、また公共の安全を著しく脅かす行為などは、601ユーロから3万ユーロの罰金が課せられる。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。