otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

出口の見えない日産スペイン労働組合のストライキ カタルーニャ州政府が仲介も決裂 来週もストライキ実施か

|


Fotonoticia 20161028183329 640


日産モトール・イベリカの労働組合は28日、11月3日木曜日に再度ストライキを実施すると発表したことが分かった。


労働組合によると、28日金曜日10時から労働組合代表と日産モトール・イベリカ代表が交渉を再開。 18時まで延長されたが、進展はなかったとのこと。


労働組合は水曜日にも日産とカタルーニャ州政府の仲裁で交渉を行っており、来週のストライキ回避のため、今日も州政府の仲裁のもと会議を行った。


現在までに日産のバルセロナにある2工場(ソナ・フランカ工場とモンタカーダ・イ・レイシャック工場)は10月4日と10月27日にストライキを行っていた。


今回の話し合いで進展がなかったために、来週11月3日に6時~7時、8時~9時、14時~15時、22時~23時の合計4時間ストライキを行う予定。 また、11月8日には二つの工場で24時間の大規模なストライキを行うと発表している。

日産バルセロナの2工場でストライキ 参加率は100%
労働検査官が日産バルセロナ工場を調査へ
日産バルセロナ工場 労働組合との摩擦が再燃
日産労働組合が部分ストを発表予定

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。