otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン首相信任投票 国民党マリアノ・ラホイ暫定首相 「3回目の総選挙は回避しなければならない。 国民党が議席を伸ばすとは思うが。」

|


Investidura rajoy


与党国民党党首マリアノ・ラホイ暫定首相首相候補が下院議会で行われている信任投票討論会で発言。「3回目の総選挙は回避しなければならない。 この点についてはあなた(PSOE報道官)と意見が一致している。 ただ、国民党が議席を伸ばすとは思うが。」と発言した。


下院議会でマリアノ・ラホイ暫定首相は国家運営に関する、年金システム、雇用創出、教育モデル、自治州財政改革、汚職の5つの点に関して法案改正などを提案した。


また、入学試験制度から卒業試験制度に転換するLOMCEに反対する学生運動が全国的に広まっているのを受け、マリアノ・ラホイ暫定首相が政権を樹立した場合、野党と話し合いを行い、承認が得られるまで卒業試験制度を凍結すると発表した。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。