otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン首相信任投票 PSOEアントニオ・エルナンド報道官

|


Hernando2


スペイン下院議会は27日、首相の信任投票前の討論会が始まった。 討論会の先陣を切ったのはスペイン社会労働党(PSOE)のアントニオ・エルナンド報道官。


PSOEがマリアノラホイ暫定首相の再選に「棄権票」を投じる理由として、3回目の総選挙を回避するためと明言。 ただ、マリアノラホイ暫定首相の再選には基本的に反対であり、「我々は社会党だった。 社会党として(信念を)守る。 そして社会党を続けていく。」「我々があなたを信じない理由はたくさんある。 しかし政治的停滞を続けていく理由はない。」と語った。


本日27日1回目の信任投票が現地時間18時頃から行われる。 この投票で176票の「賛成票」を獲得できなければ、48時間後(土曜日)に2回目の信任投票が行われる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。