otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 国民党マリアノ・ラホイ暫定首相が首相候補に指名

|


77127


スペイン国王フェリペ6世は25日、下院議会各会派代表との謁見を終え、アナ・パストール下院議長に対しマリアノ・ラホイ暫定首相を首相候補として指名したことを伝えたことが分かった。


国王の謁見終了後、記者会見を開いたアナ・パストール議長は、マリアノ・ラホイ暫定首相が首相候補として指名されたと発表、予想通り明日から首相信任投票前の討論会が下院議会で開かれる。


既に弊メディアで20日に伝えた通り、今後の政権樹立までの日程は以下の通り。


10月26日(水曜日)18時から下院議会首相信任投票前討議


10月27日(木曜日) 一回目の首相信任投票


10月29日(土曜日) 午後から二回目の首相信任投票


10月31日(月曜日) 組閣失敗なら上下院議会解散


27日の首相信任投票では176票以上の賛成票が必要で、国民党と市民党の票だけでは足りない。 そのため、29日に行われる2回目の首相信任投票まで首班選出がずれ込むとみられている。 29日信任投票は単純多数決で決定されるため、PSOEの棄権票によりマリアノ・ラホイ暫定首相の再選がほぼ確実となっている。

スペイン政権樹立問題 アナ・パストール議長が国王に謁見リストを提出

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。