otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ジカ熱先天性小頭症確認スペインで3件目

|

スペイン保健社会政策・男女共生省が発表したところによると、妊娠中にジカ熱に罹患し先天的に小頭症を抱えた胎児を確認したことが分かった。 スペインでは3件目。


10月24日に発表された全国疫学調査ネットワークによると、スペインでジカ熱の感染を確認したのは297件で、先週より2件増えた。


先の2件の小頭症を抱えた胎児のうち、1件はバルセロナで出産、もう1件は堕胎。


発表されている情報では、10月17日から23日までの間に胎児を監視していたということのみで、出産したのかしていないのかの情報は公表されていない。


また、ジカ熱に罹患している妊婦は現在40人。



カタルーニャ州が116件、次いでマドリードで67件が確認されている。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。