otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

労働検査官が日産バルセロナ工場を調査へ

|


Nissan 3


現地メディア”Ara”が報じたところによると、日産イベリアのバルセロナにあるソナ・フランカ工場の”プルサー”を生産している第1ラインで、労働基準に即していないとして労働検査官が調査に乗り出すことが分かった。


報道によると、日産プルサーを生産している第1ラインで、約15のポイントで人間工学的に不適切な個所があり、怪我や重量超過の恐れがあるとしている。


日産側はカタルーニャ州政府と協力し、必要な情報の提供に努めているとのこと。


労働組合の発表によると、問題のある生産ラインでは、長時間腕を上げて作業しなければならず、休憩をとるために15人ほど労働者が足りていない。


現在日産ソナ・フランカ工場労働組合と企業の間で摩擦が生じており、スペイン労働者委員会(CCOO)は、10月27日に3時間、11月3日に3時間、11月8日に24時間のストライキを予定している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。