otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ミケル・イセタPSC幹事長 「カタルーニャ州の社会党の状況に理解を」

|


Iceta psc 1 1


マリアノ・ラホイ暫定首相の再選の容認を可決したPSOE連邦委員会会議終了後、PSOE本部を去るミケル・イセタPSC幹事長は、報道陣に対し「幹事長代理に対し、カタルーニャ州内の政治的状況に理解を求める。」と語ったことが分かった。


23日PSOE本部で行われた連邦委員会会議で、マリアノ・ラホイ暫定首相の再選を容認することが賛成多数で可決されたのを受け、カタルーニャ社会党(PSC)のミケル・イセタ幹事長は、「(PSOEとPSCが)共に歩んでいける知性を求める。」「PSOEの問題はPSCの問題ではない。」と委員会会議で発言していた。


ミケル・イセタ幹事長は、マリアノ・ラホイ暫定首相の再選を否定し続けていたペドロ・サンチェス元幹事長派で、ラホイ再選を同じく否定し続けている。


今回のPSOEの決定を受け、ミケル・イセタ幹事長は25日にカタルーニャ州でPSCの会議を行い、今後の方針を固める。


PSOEとPSCが分離する可能性が残っている。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。