otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

日産イベリアと労働組合 今日2回目の会議へ 合意には困難な道のりか

|

プレスデジタルジャパンが日産ソナ・フランカ工場UGT労働組合に取材したところによると、日産イベリア執行役員と労働組合との間で10月13日に会議を開催、意見交換を行い本日17日に再度会議を行うことが分かった。


日産ソナ・フランカ工場UGT労働組合(Sindical UGT ZF NISSAN)が弊紙に伝えたところによると、執行役員との労働条件および下請け契約、起源契約労働者が期限なし契約(正規契約)に移行する事について意見交換を行ったものの、合意には程遠いとのこと。


また、労働者組合側は、日産イベリア執行役員らは現在の事態を平常化するために努力していると指摘している。 


本日の会議の結果は17時意向に明らかになるとの事。

日産バルセロナの2工場で部分的ストライキ実施

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。