otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

グルテル事件 検察がバルセナスの担当弁護士の要請を棄却 レアル・マドリ-ド会長フロレンティーノ・ロペスの証人喚問必要なし

|


Barcenas 1

スペイン最大の汚職事件”グルテル事件”で、元国民党会計責任者ルイス・バルセナスの担当弁護士が、スペインゼネコン大手で、レアル・マドリ-ド会長のフロレンティーノ・ロペス会長他、元政治家らの証人喚問を要請した件で、反汚職検察当局は「適切ではない」として、要請を棄却したことが分かった。


アンヘル・ウルタド検事は証人喚問を「適切ではない」「バルセナスに付帯する証言を聞かない。」「嫌疑がかけられているのであれば証人喚問を実施する。」「それには法的順序を踏む必要がある。」と回答した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。