otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

イベリア航空明日から東京-マドリード間直通便就航 アジアでは中国に続き2か所目

|

Cifuentesemb

(写真 シフエンテス州首相ツイッターより 左シフエンテス州首相 右水上正史駐スペイン特命全権大使)


イベリア航空は明日18日より東京-マドリード間直通便が就航する。 スペインと日本をつなぐ直通便は実に18年ぶり。 アジアへの直通便は今年6月末に就航した上海行に続いて2か所目となった。


この直通便は、一週間に3便を予定しており、一年間で9万人の利用客を見込んでいる。 これは上海行とほぼ同じ数字。  イベリア航空はA330-200の最新旅客機を運用する予定で、エコノミークラス269席、ビジネスクラス19席を用意するとのこと。


マドリードのアドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス国際空港から火曜日、金曜日、日曜日に成田行き。 成田空港からは水曜日、土曜日、月曜日に発進する。


本日17日、バラハス空港に隣接するイベリア・ラ・ムニョサで就航式を行っており、水上正史駐スペイン特命全権大使他、クリスティーナ・シフエンテス州首相、イベリア航空ルイス・ガジェゴ会長らなどが出席した。


Inagu

(写真 シフエンテス州首相ツイッターより)



公式発表によると、昨年2015年に77,186人(2014年比で27.5%増)のスペイン人が日本を訪れたとのこと。


情報筋によると、東京-マドリード間直通便の持続可能な発展の鍵を握るのは、ビジネスクラスの販売率であるとのこと。


(明日就航する機内に招待された、アイススケート選手ハビエル・フェルナンデス)

Xavierfernandes


ついに10月18日からイベリア航空で成田-マドリード直通便就航 JNTOがプロモーション開始
スペイン イベリア航空 中国と日本へ直行便

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。