otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSC幹事長選出投票開始

|


Iceta parlon


中央政府スペイン社会労働党(PSOE)の分裂危機の中、同会派のカタルーニャ州支部であるカタルーニャ州社会労働党(PSC)の幹事長を決める党内投票が15日始まった。


幹事長に立候補したのはミケル・イセタ現幹事長と、サンタ・コロマ市のヌリア・パルロン市長の2人。


2人ともマリアノ・ラホイ暫定首相の再選に”反対”であり、PSOEペドロ・サンチェス元幹事長派。


両者ともPSOEが暫定首相信任投票で「棄権票」を投じたとしても、PSOE内のカタルーニャ州下院議員は「反対票」を投じると明言している。


ミケル・イセタ幹事長は伝統的で、合意を模索することに長けている。 


ヌリア・パルロン市長は、オフィスワーカーというよりも住民の意見を積極的に取り入れる。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。