otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バダロナ地裁がバダロナ市役所に対し不服従の疑いで捜査を開始

|


Juzgado 1


10月12日のスペインナショナルデーが植民地支配主義およびフランコ独裁政権主義としてバダロナ市長が10月10日に祝日として認識せず、公務員が自発的に登庁できると発表し、これを違法と判断したにもかかわらず、数名の市議会議員が市庁舎に登庁、裁判所の判決文のコピーを破いた件で、バダロナ裁判所は不服従の疑いで捜査を開始すると発表した。


不服従の疑いで告発したのは国民党で、バダロナ市を捜査するとのこと。


現地テレビ局Cuatroによると、カタルーニャ州内の40の自治体で同様のことが発生。 また、バスク州でも自治体1か所が市役所を開けていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。