otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

癌の闘病生活中の闘牛ファンの子供にツイッターで「死ね」 国家保安局長は刑事責任の可能性を指摘

|

フランシスコ・マルティネス国家保安局長は11日、癌の闘病生活中の闘牛ファンの子供に対し、ツイッターで「死ね」などの暴言を発言したユーザーに対し、刑事責任が発生する可能性があると指摘したことが分かった。


現在ユーイング肉腫を患い化学療法を続けているアドリアン・イノホサ君は、闘牛ファンということもあり、先週の土曜日バレンシア州で行われた闘牛の入場行進に参加し、小児腫瘍財団の寄付を求めた。


しかし、父親が闘牛協会に願い出て実現したこの入場行進をみたスペインのツイッター民は、アドリアン君に対し暴言を発言し始めた。


これにより、#adriántevasacurarハッシュタグで、反闘牛派と闘牛賛成派を巻き込み炎上。 女優や政治家など、有名人などもこの祭りに加わった。


これを受け内務省マルティネス国家保安局長は、最終的に刑事責任の有無は裁判官が判断するとしながらも、被害届を当局に提出するに値すると記者団に発表した。




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。