otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

タラゴナ県サロウ市のホテルのレジオネラ感染被害 新たに2人を確認

|


Legionelosis 1


タラゴナ県サロウ市のホテル”ジャウメ・プリメーロ”(jaume I)の宿泊客7がレジオネラ菌に感染、一人が死亡していた件で、10日月曜日、新たに2人の感染を確認したとカタルーニャ州保健局が発表した。


新たに確認された二人は、ラ・リオハ出身42歳男性とバルセロナ出身36歳男性で、2人とも入院しているとのこと。

タラゴナ県サロウ市のホテルの宿泊客で、レジオネラ菌に7人が感染1人死亡
スペイン レジオネラ菌感染者拡大中 237人の感染を確認 犠牲者が4人に
スペイン レジオネラ菌感染者拡大中 222人の感染を確認 5人が集中治療室 3人が重体
レジオネラ菌感染者109人に拡大、84歳男性の死亡を確認 カスティリャ・デ・ラ・マンチャ州

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。