otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

海中でタイタンの戦争が起こっていたことが明らかに 巨大イカがア・コルーニャで発見される

|

354904 944 708

(発見された巨大イカ EFE)


スペイン北部ガリシア州ア・コルーニャ県のバレス浜付近の海で、105キロの巨大イカが発見された。 死因は他の巨大生物による攻撃と見られている。


発見されたのはダイオウイカのメスで、まだ子供であるにもかかわらず105キロの体重があったとのこと。


発見者はガリシア海洋哺乳類研究所(CEMMA)に連絡、ダイオウイカは解剖のためルアルカの施設に運ばれた。


環境保護団体CEPESMAのルイス・ラリア会長によると、巨大イカのサンプルは今年に入ってこれで4件目。 ただ、今回は非常にまれなケースで、発見当初まだ生きていたと思われるとのこと。


調査の結果、巨大イカの目のうち1つは完全な状態で残っており、また8センチにわたり筋肉がえぐられていた。


ラリア会長によると、以前にもこのような傷を持つ巨大イカのサンプルが、ビジャビシオサのメロン海岸で見つかっている。 漁船による事故ではなく、他の巨大生物による攻撃で弱り、海面まで上昇し、ゆっくり死亡した可能性が非常に高いと語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。