otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ市役所がサグラダ・ファミリア教会に建設業許可証を取得するよう要請する可能性

|

アダ・コラウ市長率いるバルセロナ市役所は近く、サグラダ・ファミリア教会と話し合いをし、建設業許可証をどのように取得できるか解決策を一緒に模索する意向であることが、地元メディア”ラ・バングアルディア”の報道により分かった。


サグラダ・ファミリア教会は現在まで、電気、水道、ガス代を払っていたものの、バルセロナ市に対する税金を払ったことがない。


1882年3月19日に着工した教会の建設は134年間建設業許可を申請していなかったと”されている”。 これは、これまでバルセロナ市長が現在までサグラダ・ファミリア教会に要請してこなかったからに他ならない。


しかし今回アダ・コラウ市長はこれをただすため、違法建築回避のため一緒になって解決策を模索していくとのこと。


建設業許可証を取得した場合、建築物の予算の3.35%が税金として徴収される予定。 教会は年間2500万ユーロの予算で建てられており、10年後に完成する予定であるため単純計算で2億5000万ユーロ。  完成した際大司教は年間約84万ユーロが税金として徴収される。


ただ、この金額はサグラダ・ファミリア教会が世界遺産に登録されていることから最大95%減額される可能性がある。


また、サグラダ・ファミリア教会のスポークスマンによると、この地域はその昔サン・マルティ市があり、アントニ・ガウディは1885年に建設許可証を取得していた。 しかしその後1897年にサン・マルティ市はバルセロナ市に併合され、その際規制に適合されなかったと語っている。


ソース

Colau reclamará a la Sagrada Família que tenga y pague licencia de obra

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。