otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

タラゴナ県サロウ市のホテルの宿泊客で、レジオネラ菌に7人が感染1人死亡

|

Fotonoticia 20161006171148 640


スペイン東部カタルーニャ州タラゴナ県サロウ市のホテル”ジャウメ・プリメーロ”(Jaume I)の宿泊客7人がレジオネラ菌に感染、うち1人が死亡したことが分かった。 現在同ホテルは2日より閉鎖されている。


カタルーニャ州保健局の発表によると、感染したのは50歳から82歳の男性5人、女性2人で、国内と欧州からこのホテルへ泊まりに来ていた。


感染し入院していたうち1人は既に退院している。


保健局の発表によると、この菌の潜伏期間が14日間あることから、他にも感染者がいる可能性があるとしている。


感染が確認された7人はヨーロッパレジオネラ症情報ネットワークに報告された。 


現在保健局は同ホテルでサンプルなどを採取しており、感染源などの特定に努めている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。