otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

トリニダ・ヒメネス・ガルシア・エレラ元外務・協力大臣が旭日大綬章を授与

|


Thumbnail IMG 1302


トリニダ・ヒメネス・ガルシア・エレラ元外務・協力大臣が、日本・スペイン間の関係強化と友好親善に貢献したとして、旭日章最高位旭日大綬章を授与された。


授与式は大使公邸で行われ、水上正史(みずかみまさし)新特命全権大使が授与した。


授与式にはホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ元首相のほか、ジョセップ・ピケ西日財団所長(元外務大臣)、ホアン・アントニオ・ヤニェス元国連大使が出席した。


旭日大綬章を授与されたトリニダ・ヒメネス・ガルシア・エレラ女史は、サパテロ政権時代に外務大臣として働き、2011年リビア危機の時に、空軍機を調達し日本人17人の脱出を助けていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。