otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ロシア製戦略爆撃機2機が飛来 英国・フランス・ノルウェー・スペインの戦闘機が緊急発進していたことが明らかに

|


Fotonoticia 20161005080312 640


フランス防衛省が発表したところによると、9月22日にロシア軍戦略爆撃機Tu-160通称ブラックジャックが欧州西部に飛来、イギリス、フランス、ノルウェー、スペインの各国の戦闘機が緊急発進していたことが分かった。


フランス防衛省が伝えたところによると、9月22日9時13分頃、ノルウェーが2機の爆撃機の接近を感知、戦闘機F-16通称ファイティングファルコン2機を発進。


その後、2機のブラックジャックはスコットランド北部に向かい、英国所属ユーロファイター・タイフーン2機が発進。


爆撃機はアイルランドの西側を通り、13時57分頃イギリスとフランス国境方面に向かう。 フランス軍はラファール2機を緊急発進。


更にフランス-スペイン国境に進路を変更したため、スペイン軍は戦闘機F-18ホーネット2機を発進させ、ビルバオあたりまで監視。 その後爆撃機はアイルランド方面に帰っていった。


フランス防衛省によると、NATO軍の緊密な協力が出来たと発表した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。