otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインがジブラルタルの問題解決に共同統治を国連に提言

|


Blog del suscriptor 143249254 10720279 1706x960

(写真 wikimedia)


スペインのロマン・オヤルスン大使が国際連合総会に出席、ジブラルタルの共同統治を提言したことが分かった。


オヤルスン大使はこの提言に対し「スペインはこの共同統治という提案は、全ての箇所で利益を得ることができると思う。」と語った。


スペインはブレグジット決定後、マルガージョ暫定外務大臣より共同統治の可能性を打診していた。


オヤルスン大使は「スペインは正式に英国に対し、共同統治に関する交渉を始めることを決定した。」と発表。 


ジブラルタルがスペインと共同統治となった場合、ブレグジット後も欧州連合に所属することが出来、更に英国籍を保有したままスペイン国籍も取得できることになる。


ジブラルタルはブレグジットを決める国民投票で、EU残留派が勝利していた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。