otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

中国グループ企業 セルタ・デ・ビーゴ買収秒読みか?

|


Himnobalaidos


現在ラ・リーガ10位のセルタ・デ・ビーゴを中国グループ企業CITS(中国国際旅行社)が買収する可能性が濃厚となってきた。


ビーゴ国民党エレナ・ムニョス報道官は4日(火曜日)、地元サッカーチームである「セルタ」が、中国企業に買収された場合、コンテンツはどうなるのか、買収の話し合いはどの程度進んでいるのか、市長はどの程度知っているのか等、複数の質問を、記者会見を通してビーゴのアベル・カバジェロ市長に対し投げかけた。


記者会見の中でムニョス報道官は、「セルタを保護できることは、定款に記載されている。 もし、それが変更されるのであれば、公共設備の利用に関する規定を見直すべきだ。」と語った。


ムニョス報道官はまた、「この街はセルタを必要としていた。 今は、セルタが我々を必要としていると思いたい。」と締めくくった。


記者会見後、アベル・カバジェロ市長は「今のところ公式なものは分からない。 公式発表が分かり次第、私が発表しなければならないことを発表する。」と語った。


中国グループ企業CITSによる買収が噂されているセルタでは、サポーターによる反対運動が起こっている。


日曜日のバルサ戦で、4対3で勝利したセルタは次の日の月曜日、数名の中国人がセルタのア・マドロアスポーツ施設(instalaciones deportivas de A Madroa)を視察していることが、地元メディア”ラ・ボス・デ・ガリシア”により報道されている。


その後、12時頃に中国人男性3人と女性1人がセルタの将来の本部に到着したところを報道されている。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。