otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSOE危機 暫定幹事長代理委員会(Gestora)が決定

|

PSOE連邦委員会会議は、ペドロ・サンチェス暫定幹事長辞任を受け、暫定幹事長大利委員会(Gestora)を選出。 次の連邦委員会会議までPSOEの管理を行う。


ペドロ・サンチェス元幹事長は1日、執行役員35人17人の辞任を受け特別連邦委員会会議を開催、連邦会議(党大会)の実施のため投票を行った。


結果、連邦会議(党大会)の実施を否決し、ペドロ・サンチェス元幹事長が辞任を発表、委員会会議は暫定幹事長代理委員会を発足した。 (日本の一部報道では、幹事長辞任を求めた投票とあるが、これは間違いで、あくまでもペドロ・サンチェス暫定幹事長の元党大会を行うかの投票だった。)


これにより、ハビエル・フェルナンデス委員長以下10名が選出された。  ソラヤ・ロドリゲス報道官によると、この代理委員会のメンバーは棄権1、反対1で、ほぼ全会一致で決定し、この投票にはペドロ・サンチェス元幹事長は出席しなかった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。