otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSOE危機 PSOE本部が閉鎖 周辺のカフェテリア(バル)が即席編集部に

|


Ferraz periodistas


ペドロ・サンチェス暫定幹事長辞任を求め真っ二つに割れているスペイン社会労働党(PSOE)は現在連邦会議を開催する日にちなどを決定するため、党本部で連邦委員会会議が行われている。


現在党本部の玄関ガラス部分は塗られ中が見られない様なっており、周辺はペドロ・サンチェス支持派、反対派が集会を行い、警官らが周辺の治安維持に努めている。


また、集会参加者らも記者団に対して「全てのジャーナリストは右派だ!」と、一触即発の状態も。




スペインテレビ局ラ・セクスタのジャーナリスト”ゴンソ”はヘルメットと防弾チョッキを着こんで揶揄。



9月30日金曜日からPSOE本部に登録しているメディアは本部へのアクセスが出来なくなった。 周辺のバルでは大きなパエリア鍋でパエリアを記者団に振舞う場面あった。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。