otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州独立問題 暫定内務大臣「独立派は地に足をつける時」

|

ホルヘ・フェルナンデス・ディアス暫定内務相は29日、カタルーニャ州カルレス・プッチデモン州首相が、来年9月に「独立を問う住民投票」を行う予定だと発表したことに対し、「国家から断絶するのではなく、現実を見るべきだ」と語った。


アビラで行われた「警察の日」記念式に出席したホルヘ・フェルナンデス・ディアス暫定内務相は、「我々は長い間、分離独立派と共にいる(…)恐らく多くの独立派のカタルーニャ州住民は地に足を付けたと思う。」と記者団に語った。


内務相はまた、独立を問う住民投票の実施に関して「法律を守る機関が返事をする。 特に憲法がだ。」と指摘。 


ペドロ・サンチェス幹事長が独立派会派と連立を組み政権を樹立する可能性に関して「どの党の党首も行わない。」「スペインの統一は法的に合法である。」と指摘、可能性を否定した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。