otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

富士通 スペインのデパート”エル・コルテイングレス”と衣類のトレーサビリティ向上のための提携契約を締結

|


Quirofano


スペイン小売り最大手”エル・コルテイングレス”(El Corte Inglés)の下着、専門衣料などを販売するコーポレート部門と、日本の富士通が、医療・保健関係で使われる手術服などの衣類のトレーサビリティ(流通管理)向上のためのソリューション開発に向けた提携契約を締結したことが分かった。


両社は、スペイン国内の医療機関における必要な情報を得ることができる革新的なシステムにより、このセクターでリードする企業になるため、協力体制を敷くとのこと。


この協定により、両社からの代表からなる合同作業チームが結成される予定。


エル・コルテイングレスは衣類の生産を担当し、富士通は非金属で再利用可能な繊維チップを利用することによって、病院で使用される衣類の管理を行う。


これにより、ヒューマンエラーや、洗濯、盗難などで紛失されている2%~15%の衣類の管理を行い、被害を最小限に抑える。


富士通はによると、「これは単なる衣類の制御だけにとどまらず、医療機関で使われている繊維すべての品質管理に適用でき、近代化を促すことができる。」と語った。


また、エル・コルテイングレスも、医療関係だけではなく、寝間着、下着などにも応用が可能となる可能性があると伝えた。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。