otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSOE危機 マリアノ・ラホイ暫定首相再選反対は、以前より決定していた。

|


73795


フェリペ・ゴンサレス元首相(PSOE)は28日、ラジオ”カデナセール”のインタビューの中で、ペドロ・サンチェス幹事長の政治的態度を批判、これに対し約2時間後、スペイン社会労働党(PSOE)が公式声明を発表、ゴンサレス元首相の意見を尊重するも、首相信任投票に関するPSOEの態度は以前より決定しており、現在も変わっていないと発表した。


また、10月1日に行われる連邦会議に関して、PSOEの態度を決めるために深くまで意見交換を行い、新しい時代にPSOEがリーダーとして政治を担っていけることを目指すとのこと。


PSOEの公式声明(PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。