otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州警察がバーチャル誘拐に警鐘

|


Mossos 10


スペイン東部カタルーニャ州のモススダエスクアドロ自治州警察は、バルセロナ市郊外のバダロナ市で先週、バーチャル誘拐が14件報告されたとして、市民に気を付けるよう呼びかけた。


報告された14件のバーチャル誘拐のうち、いずれも金銭を払うまでには至らなかったとのこと。


バーチャル誘拐とは、「家族を誘拐した。 解放してほしければ指定の口座に入金せよ。」と脅し身代金を騙し取る詐欺。


今回報告のあった14件のうち、すぐに家族と連絡が取れ無事が確認されたため被害に遭わなかったり、警察からの情報を事前に知っていたため被害に遭わなかったと発表されている。


バーチャル誘拐では主に身代金として5千ユーロから1万ユーロを要求するとのこと。


州警察ではこの様な詐欺に遭わないよう、電話を受け取ったらまず落ち着き112番(警察)に電話をし、個人情報を絶対渡さないよう注意を促した。

スペイン・トレドで”バーチャル誘拐”が3件報告される
カタルーニャ州、2015年のバーチャル誘拐報告32件
カタルーニャで新たに2件のバーチャル誘拐発見 自治州警察モッソス
カタルーニャでもバーチャル誘拐団が出没

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。