otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 サンチェス幹事長がポデモス党と市民党に呼びかけ

|


73615

(カタルーニャ州ガバ(GAVA)での党集会の様子 EUROPAPRESS)


スペイン社会労働党(PSOE)のペドロ・サンチェス幹事長は24日、バルセロナ郊外ガバ(GAVA)で行われたカタルーニャ社会労働党(PSC)の党集会に出席、ポデモス党と市民党に対し、PSOEに協力するよう呼びかけた。


支持者ら1万5千人が集まった党集会に出席したペドロ・サンチェス幹事長は「PSOEは棄権票を入れない。 私達は対抗勢力として戦っていく。」と語り、現在首相候補として指名されている与党国民党マリアノ・ラホイ暫定首相が首相信任投票を再度実施した場合に棄権票を入れず、(棄権票を入れればマリアノ・ラホイ暫定首相の再選が決まる。)反対勢力として戦うことを再確認した。


幹事長はまた、「マリアノ・ラホイ政権に終わりを告げるよう決めよう。 そうする価値がある。」と語り、党内外から政治的停滞を引き起こしているペドロ・サンチェス幹事長への批判を牽制した。


演説の中でサンチェス幹事長は「中央政府はカタルーニャ州を問題視している。 しかし我々はこれをチャンスとしてみている。」「今こそカタルーニャに”YES”を、スペインに”YES”を。 そしてマリアノ・ラホイに”NO”を」と語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。