otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン政権樹立問題 マリアノ・ラホイ暫定首相「再々総選挙を行わなければならないなら行う。」

|

Rajoy 29


ガリシア州選挙を控え、ルーゴ北部の自治体サン・シブラオ(San Cibrao)で応援演説を行ったマリアノ・ラホイ暫定首相は、再々総選挙を実施する必要があるならば行う、語った。


演説の中でラホイ暫定首相は再々総選挙を行った場合、国民党はさらに多くの票を獲得するだろうと明言「2009年、私はここにいた。 4年間続いた2大政党時代に勝利した。 ガリシアにとって悪夢だった4年間の後、我々は危機から回復させることができる。 とても困難であったが、我々は勝利した。 2015年、2016年も同じように勝利する。 もし再々総選挙を行わなければならないなら、行う。 そして更なる票を獲得して勝利する。」と語った。


ガリシア州選挙に関する世論調査では国民党が単体で過半数越えを見られており、アルベルト・ヌニェス・フェイホー州首相の再選が有力視されている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。