otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州独立問題 フランセスク・オムスPDC報道官 「9Nの合法性を説いた。」

|


Homs supremo


カタルーニャ民主党(PDC: 旧CDC)のフランセスク・オムス報道官は19日、2014年11月9日に行われたカタルーニャ州の独立を問う非公式の住民投票(以下、9N)に関して、最高裁判所が証言を求めたことから出廷、カタルーニャ州政府高官に囲まれながらマドリードに姿を表した。


最高裁判所に出廷後、記者会見を開いたオムス報道官は「はっきりと9Nは合法だったと証言した。」と語った。


オムス報道官によると、今回の起訴は政治的な出来レースで、国民党により要請された国家弁護団が起こした政治的な攻撃であると指摘。


9Nでは、憲法裁判所によりその実施が憲法違反であるという判断が下されていた。 州政府は住民投票を強行し、その際投票所として公立学校が利用されたことから、当時の州教育相が起訴されている。 また、FUJITSUに対し投票システムの専用ソフトのインストールを依頼、州高等裁判所で証言している。  さらに州教育省はテレフォニカ社から7千台のノートパソコンを購入。 ヒューレットパッカード社には9Nに使用されたソフトウェアと関連があるかどうか調べている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。