otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州プレミア・デ・マル アパート爆発で21世帯が避難中

|


PM


9月18日早朝にカタルーニャ州自治体プレミア・デ・マルのアパートの爆発事故で、合計21世帯46人が避難している。


市民保護警察がエウロパプレスに伝えたところによると、同マンションで一晩を過ごした世帯はいなかったとのこと。


現在赤十字の精神科医が一晩中被害に遭った人々の心のケアに当たっており、本日9時より文化センターで避難生活が出来るようになる。


爆発が起きたアパートに住んでいた被害者は重体で、現在バイデエエブロン病院に入院している。


その他爆発による重傷者2人はバダロナのカン・ルティ病院の集中治療室で治療が続けられている。


爆発は18日8時半ごろ、グラン・ビア・デ・ルイス・カンパーニャス198番で発生、1人が死亡、13人が軽傷、3人が重傷を負った。

バルセロナ近郊で爆発 1人死亡17人が怪我

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。