otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

今度はリーガ・エスパニョーラ ネイマールの契約についての情報開示をFCバルセロナに求める

|


Caso Neymar 1 1


ラ・リーガ・エスパニョーラは15日、FCバルセロナのネイマール選手獲得時の情報を提出するようFCバルセロナに要請したことが分かった。


FCバルセロナのネイマール選手の契約に関して、税務局に多額の申告漏れが発覚し、スペインの検察当局はサンドロ・ロセイ元会長に対し、懲役7年と2515万ユーロの罰金、バルトメウ会長に対し懲役2年3か月と383万ユーロの罰金を求刑していた。


しかし、6月10日FCバルセロナは国家弁護団との司法取引に合意し、ネイマール選手獲得時に脱税があったことを認め、500万ユーロを支払う形で実刑判決を免れていた。


今回のラ・リーガ・エスパニョーラはFCバルセロナに対し、ネイマール選手を獲得する際にきちんとした手順を踏んで契約されたかどうかを確認することを目的としたもの。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。