otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ初戦 7-0でセルティックに快勝

|

Barca 14


FCバルセロナのチャンピオンズリーグ初戦対セルティック戦が13日カンプ・ノウスタジアムで行われ、7-0で快勝した。


試合開始数分でメッシがゴール、試合中ハットトリックを決めた。


試合開始前スタジアム周辺では、非政府独立派組織のオムニウム(Òmunium)、プロスポーツカタルーニャ代表選手プラットフォーム(Plata forma Pro Seleccions Esportives Catalanes)、ドレッツ(Dorets)が、カタルーニャ独立旗「エステラーダ旗」3万旗を配布、開始直前17時14分頃にバルサファンがこの旗を掲げ、更にアイルランド旗とスコットランド旗が入った「WELCOME TO CATALONIA」の横断幕も掲げた。


これにとどまらず、試合前に流される讃美歌「UEFAチャンピオンズリーグ・アンセム」が流された途端、大きなブーイングがなされた。


このような行為により、スポーツ調停裁判所が命じている(係争中)罰金15万ユーロにさらに制裁金が上乗せされる可能性が高くなった。


これに対しFCバルセロナのジョセップ・ビベス報道官は「我々はカンプ・ノウスタジアムが閉鎖される可能性を恐れてはいない。」「我々はファンやソシオの表現の自由の権利を守るという約束がある。 カンプ・ノウスタジアムはいつでも自由の場所であり、それはクラブチームのDNAの一部であり、それを守り抜いていく。」と記者会見で言明した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。