otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

大航海時代ファン必見 スペイン海軍博物館でマニラ・ガレオンの歴史を紹介する展示会開催

|


1 10


スペイン防衛省管轄マドリード海軍博物館で、1565年から1815年まで続いたアジアを含む三つの大陸を利用した貿易航路を航海していたガレオン船、通称マニラ・ガレオンの歴史を紹介する展示会が9月15日から開催される予定。


この展示会では、Arte y Más社の協力により拡張現実(AR)を利用してマニラ・ガレオンの歴史を体験できる。 アップルストアもしくはグーグルプレイからRutas y Descubrimientos de la Coronoa Española en el Museo Naval de Madridをダウンロード。 展示されている160センチX60センチの世界地図の上を、ガレオン船が航行し、インタラクティブに情報を見ることができる。 また、展示会では無料Wifiも提供している。


ARを使ったマニラ・ガレオンの説明。

マドリード海軍博物館は1843年に開館、170年以上もの歴史を持ちヨーロッパでも最も古い博物館の一つに数えられる。 1932年に今の場所に移設された。


博物館には11,000点にも及ぶ展示物があり、16世紀と17世紀のスペイン海軍の歴史を学ぶことができる。


博物館内には船の模型600点が展示されており圧巻。 また14世紀からの重火器1,000点も展示されている。


開館時間 火曜日から日曜日 10時~19時

8月 火曜日から日曜日 10時~15時


月曜、祝日、1月1日、1月6日、12月24日、25日、31日は閉館


入館料 (基本的には無料だが)博物館維持費として自主的に3ユーロをお願いする。


場所 Paseo del Prado , 5 28014 Madrid


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。