otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ガリシア州オ・ポリーニョ脱線事故 速度超過か

|


Xulgadosporrio


鉄道事故調査委員会(CIAF)の調査員は13日、4人の犠牲者を出したガリシア州ポルトガル国境付近オ・ポリーニョで起きた脱線事故で、「唯一分かるのは、全ての情報は速度超過を示している。」と語ったことが分かった。


オ・ポリーニョで開かれた裁判で、スペイン国鉄(Renfe)、スペイン鉄道インフラ管理機構(ADIF)、コンボイオス・デ・ポルトガルらの代表者が出席する中、エドムンド・パラス調査員が出廷、脱線事故を起こした車両のブラックボックスを調べたところ速度超過していた疑いがあると発表した。


調べによると、制限時速30キロメートルのところ、事故当時118キロメートルの速度が出ていたとのこと。


車両に設置されていたブラックボックスは、距離と車両速度が記録される。


現在事故車両はオ・ポリーニョ駅にグアルディア・シビル警察が捜査するため保管されており、近くスペイン国鉄のレドンデーラに移される予定。

ガリシア州オ・ポリーニョで脱線事故 車両は1981年から1984年にバルセロナで生産されていた
ガリシア州オ・ポリーニョで脱線事故 今のところ3人が死亡
ガリシア州オ・ポリーニョで脱線事故 少なくとも2人が死亡

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。