otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州独立問題 明日のバルサ対セルティック戦で非政府独立派組織がカンプ・ノウスタジアム周辺で独立旗を配布する予定 更なる制裁金か

|

Estelades 3 2


明日FCバルセロナ本拠地カンプ・ノウスタジアムで行われるFCバルセロナ対セルティックFC戦で、非政府独立派組織がスタジアム周辺でエステラーダ旗を合計3万旗配布する予定ということが分かった。


配布する旗を用意するのは、非政府組織のカタルーニャ国会議(ANC)、オムニウム(Òmunium)、プロスポーツカタルーニャ代表選手プラットフォーム(Plata forma Pro Seleccions Esportives Catalanes)、ドレッツ(Dorets) で、バルサファンが試合中にカタルーニャ州の独立の象徴旗「エステラーダ旗」を3万旗用意する。


バルサは現在エステラーダ旗が政治的な性格が強く、UEFAの「試合を政治的に利用することを禁じる。」という規定に抵触するとして、現在スポーツ調停裁判所でUEFAと係争中。 制裁金は現在15万ユーロまで膨れ上がっている。


初めの罰金は、2015年にベルリンで行われたチャンピオンズリーグ決勝で、多くのエステラーダ旗が翻った。 これに対しUEFAは3万ユーロの罰金を科した。 FCバルセロナは当初より「ファンの表現の自由」を奪うもの、「エステラーダ旗は全くの合法旗。」だとしてこれを拒否、係争し続けている。


罰金は累積的に課せられるため、裁判で敗訴すれば最終的には500万ユーロ以上が科せられる可能性がある。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。