otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FIFA レアル・マドリ-ドとアトレティコに制裁2018年まで選手強化不可

|

Florentino perez


国際サッカー連盟(FIFA)は8日、レアル・マドリ-ドとアトレティコ・デ・マドリードに対し2018年まで選手の強化の禁止及び制裁金を課すという決定を下した。


両クラブチームは未成年の外国人選手を違法に契約したとみられていた。


FIFAの発表によると2018年までの2シーズン、スペイン国内外の選手との契約を禁止した。


両チームへの制裁は女子チーム、フットサルチーム、ビーチサッカーには適用されない。 また、選手の放出は自由。


制裁金は、アトレティコに対しては90万スイスフラン(約82万2千ユーロ)、レアル・マドリ-ドには36万スイスフラン(約32万8千ユーロ)がそれぞれ課せられ、全ての選手を合法的に処理するための手続き期間として90日を設けた。


スポーツ調停裁判所(TAS)は両チームに対し異議申し立てを行う期間として5日間を設定。 これにより、制裁開始日が延長になる可能性があり、次回の選手市場までは選手を契約できる可能性がある。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。