otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

昨年の政治家の納税額などが公表 パブロ・イグレシアス幹事長が4大政党で一位

|

Iglesias8 1


下院議会議員らが昨年行った確定申告の情報が議会より発表された。


公表された情報によると、スペインの4大政党である国民党、スペイン社会労働党(PSOE)、市民党、ポデモス党のうち、昨年最も多く個人所得税(IRPF)を支払ったのは、ポデモス党のパブロ・イグレシアス幹事長で、39,488ユーロを支払っていたことが分かった。




国民党

マリアノ・ラホイの場合

首相として年俸79,458ユーロ

肖像権1,000ユーロ

株の配当金2,801ユーロ

銀行口座金利730ユーロ

投資信託914ユーロ

不動産賃貸19,446ユーロ

これによりIRPFは27,290ユーロだった。 

この他マドリードの自宅の他、マドリードに1つのアパート、出身地ポンテベドラに2つのアパート、グラン・カナリアに不動産25%分、銀行口座に21,204ユーロの貯金、投資信託に343,000ユーロ、株式口座に190,222ユーロ、貯蓄保険に151,779ユーロ



PSOE

ペドロ・サンチェスの場合

昨年支払ったIRPFは22,354ユーロ

住宅2件、駐車場2か所を所持、銀行口座に22,352ユーロの貯金、年金貯金に87,515ユーロ、譲渡抵当ローン(Hipoteca)113,234ユーロ、Red Eléctrica Española社の株6,470ユーロ。


ポデモス党

パブロ・イグレシアスの場合

IRPFは39,488ユーロだった。

欧州議会議員として80,908ユーロの収入。 ポデモス党幹事長として4,391ユーロ、コンプルテンセ大学から427ユーロ、テレビ出演料・肖像権料33,700ユーロ、銀行口座金利281ユーロ。 アビラに住居を所有、銀行口座に125,437ユーロを貯金中。



市民党

アルベルト・リベラ

昨年支払ったIRPFは25,510ユーロ

カタルーニャ州議員として61,014ユーロの収入。 党首として21,966ユーロの年俸、銀行口座の金利は23ユーロ、所有する不動産賃貸で3,225ユーロを得た。 肖像権料で1,500ユーロ。 バルセロナに50%の駐車場付き不動産を所有。 支払い途中の譲渡抵当ローンは107,000ユーロと254,800ユーロの二つ。 銀行口座には5,500ユーロの貯金。 フォルクスワーゲン・ゴルフを1台とヤマハのバイクを1台所有。



国民党下院議会議長

アナ・パストール

昨年支払ったIRPFは23,978ユーロ。

勧業大臣として53,558ユーロの収入。 口座金利が72ユーロ、ポンテベドラに駐車場と2つのアパートの50%の所有権と、マドリードに住居を所有。 また、271,059ユーロ分の口座の50%を所有。 さらにBMWとミニクーパーを所有し、年金貯金が86,950ユーロある。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。