otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ディアナ・ケール失踪事件 母親「家にあるはずのジーパンが無くなっていた」

|


Fotonoticia 20160907130219 260


ガリシア州ア・コルーニャ県の自治体ア・ポブラ・ド・カラミニャルの祭りに遊びに行ったまま、8月22日早朝から行方が分からなくなっているマドリード出身のディアナ・ケール(18歳)さんの母親ディアナ・ロペス-ピネルさんは7日、ケールさんが祭りに履いていったピンク色のショートパンツが残っており、ジーパンが無くなっていたことを確認したことが分かった。


母親のピネルさんは「ジーパンが無くなっているということは、一度家に帰ってきたという事だと思う。 ただ、彼女が帰ってきた音を聞かなかった。」と語った。


ディアナ・ケール失踪事件は現在全く手掛かりがなく、警察はケールさんが祭りから帰宅中車に乗った可能性もあるとして捜査を続けている。 また、ポルトガルとイタリアでも捜査を行っている。

スペイン ディアナ・ケール失踪事件

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。