otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン2014年の自殺者数3,910人 1日に10.7人のペースで1906年以来最悪

|

Suicidiopastillas


スペイン国立統計局(INE)の発表によると、2014年の自殺者が3,910人となり、1906年の記録開始以来史上最悪値を記録したことが分かった。


この数字は1日に10.7人が自殺して死亡していることを示している。


年齢と性別を分けたグラフは以下の通り。 数字は10万人当たりの自殺者数で、特に70歳からの男性の自殺者数の割合が非常に多くなる。



自治州別に見た10万人毎の自殺者数。 アストゥーリアス州とガリシア州が特に自殺者が多く、14.03人と13.50人。 スペイン平均は10万人に8.36人。 マドリードは一番低く、5.35人。






外的要因の死(死因)で、自殺が一位となっている。 また交通事故死亡者数は1,873人。


また、経済協力開発機構(OECD)の発表によると、最も自殺率(10万人対)が高いのは、リトアニアの29.5人。 次いで韓国が29.1人。 日本はハンガリーに次いで6位18.7人。



ソースovserbatorio de suicidio

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。