otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン司法新年開廷セレモニーが最高裁判所で行われる 検事総長が独立派らに警鐘「憲法以上の正当性がある法律はない。」

|


Fiscal Madrigal 1


毎年9月に行われる、スペイン国王が出席するスペイン司法機関の開廷セレモニーが6日、行われた。


最高裁判所で行われたセレモニーにはスペイン国王フェリペ6世のほか、司法全体会議(Consejo General del Poder Judicial:CGPJ)のカルロス・レスメス議長、ラファエル・カタラ暫定司法相、判事、検察官など、司法当局高官が集まった。


この中で、コンスエロ・マドリガル検事総長は”独立派組織”に対し、憲法命令を全く軽視していると批判、憲法は統治の根本規範法であると指摘した。


また、マドリガル検事総長は、カタルーニャ州政府議会の憲法違反に対し徹底的に対抗すると明言。 さらに「行き過ぎた自由の行使は民主主義を危険な状態にする可能性がある。」と発表、カタルーニャ州政府議会が主張する発言の”自由”は民主主義的に危険と指摘した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。