otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

クリスティーナ王女を告発したマノス・リンピアス(清浄の手)の弁護士が、全国管区裁判所より告発される事態に発展

|


Lopez negrete 1


全国管区裁判所サンティアゴ・ペドラス判事は5日、クリスティーナ王女を告訴したスペイン公務員労働組合”マノス・リンピアス”の弁護士ビルヒニア・ロペス・ネグレテ(Virginia López Negrete)を告発する意向であると発表した。


今回の告発は、スペイン国家警察(Policia Nacional)所属、財政経済犯罪体(UDEF)の調べにより、政治家や組織の様々な汚職事件を告発してきたマノス・リンピアス(清浄な手)の組合長ミゲル・ベルナルドが、実は手に入れた情報を使い恐喝やゆすりを行っていた疑いで逮捕された一環で、ビルヒニア・ロペス・ネグレテ弁護士も犯行に協力していた疑いがあることが分かったとのこと。


マノス・リンピアスはクリスティーナ王女を告発した唯一の組織(税務局などの国家組織は告訴していない)であり、王女の公判中、恐喝・ゆすりなどの容疑でマノス・リンピアスの組合長が逮捕拘束、財産が凍結されていた。 


マノス・リンピアスの財産が凍結されたのを受け、様々な裁判で弁護士費用が払えず告訴を取り下げることになった。 


クリスティーナ王女の裁判も、財産の凍結により告発を取り下げるかと見られていたが、ビルヒニア・ロペス・ネグレテ弁護士は裁判を続行、「私の雇い主(マノス・リンピアス)から何も連絡を受けていない。 (裁判を)最後まで行う。」などと語っていた。


しかしながら、マノス・リンピアスの重大な決定事項にこのビルヒニア弁護士が関わっていたことが発覚、恐喝やゆすりの共犯で全国管区裁判所が告訴する意向を発表した。


スペイン 不正を暴く代わりに金銭を脅し取っていたとみられるマノス・リンピアスの取引銀行”アウスバンク”が過去10年間に3890万ユーロを受け取っていたことが明らかに
スペイン マノス・リンピアス保証金(弁護士代)支払えず告訴取り下げ相次ぐ
スペイン マノス・リンピアスとアウスバンクの代表らの銀行口座、不動産等凍結
マドリードと保健社会政策・男女共生省 Ausbanc(マノス・リンピアス)に多額の補助金?? 
ノース事件裁判 マノス・リンピアスの出席拒否を棄却
ノース事件 ディエゴトーレス(ノース研究所元共同経営者)担当弁護士 マノス・リンピアスの退廷を要請
ノース事件 ネルソン事件 クリスティーナ王女への訴え「取り下げない」
ノース事件 ネルソン事件 クリスティーナ王女の弁護士「マノス・リンピアスに恐喝された」
スペイン 汚職を明るみにする組織のトップが逮捕 汚職・恐喝か

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。