otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州独立問題 CUPが州政府首相信任投票に「賛成票」を投じる意向

|


Puigdemontgabriel


人民統一候補(CUP)アナ・ガブリエル議員は5日、スペインテレビ局TV3のインタビュー番組に出演し、9月28日に行われる予定のカタルーニャ州首相信任投票で「賛成票」を投じる意向だと発表したことが分かった。


アナ・ガブリエル議員はインタビューの中で「”賛成票”を投じることで州政権を存続させ、仕事を続ける。」「新しい州選挙を実施する理由はない。」などと答えた。


カタルーニャ州独立派で反資本主義の人民統一候補は、現在州政府与党合同会派ジュンツ・パル・シィ党と”独立派”という点で連立を組んでいる。


しかし夏休み前にジュンツ・パル・シィ党が提出した来年度予算案で、CUPが2回にわたって反対し、否決されていた。 


これを受け州政府カルレス・プッチデモン首相は信任投票を行うと発表、ジュンツ・パル・シィ党とCUPの連立破棄か継続かを問う構えだった。


信任投票発表を受け、ジュンツ・パル・シィ党を構成する一政党、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)党首ジュンケラス経済相は、来年度予算に”一方的な州独立を問う住民投票”(RUI)の実施のための予算を組み込むと発表。 また、CUPより反対されていたBCNワールドの規模を6分の1に縮小した。


今回のCUPの発表は、RUIの予算を組みこんだことが大きい。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。