otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・マドリードでクリミア・コンゴ出血熱に感染した疑いだった2人に陰性反応

|

Fotonoticia 20160901132751 640 1


マドリード州の発表によると、9月2日、マドリードの病院にクリミア・コンゴ出血熱に感染した疑いで入院していた2人に陰性反応が出たことが分かった。


9月1日にマドリード州ラ・パス・カルロス三世病院とゴメス・ウイァ中央病院にクリミア・コンゴ出血熱に感染した疑いで隔離施設に入院した患者2人に陰性反応が出たことが分かった。


州政府保健庁の発表によると、現在新たな感染者を確認していないとのこと。


現在までにクリミア・コンゴ出血熱の感染は2件確認されており、8月25日に62歳男性が死亡、もう一人はカルロス3世病院の隔離施設で治療を受けている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。